• Mobile 090-3385-2706
  • wood@mokkagura.com

土壁は、大地そのものだ

土壁は、大地そのものだ

《鳥羽の土壁の家 part4》

鳥羽の家の特長、昨日の続き

  1. もりずむの木を使って建てる
  2. セミセルフビルドで完成させる
  3. 自然素材で作る
  4. 土壁を付ける
  5. 古建具をリサイズして使う
  6. 手刻みで作る

4の土壁について。

 

 

自然素材でなるべく建材も使わないで作る、ということから、自然と土壁を付けようということになったんだと思う。

木神楽では、新築の場合、土壁の家の割合が多い。一体何故土壁を付けるのか?実は土壁自体には、あまり断熱性能はない。しかし蓄熱、蓄冷はするので、冬には暖房の熱を溜める作用があり、夏は直ぐに温度が上昇しないので、土壁の家は、ヒンヤリとしている。理想的には、土壁の外側に断熱材を入れて断熱効果をカバーしてあげるのが良いだろう。ちなみに鳥羽の家は、外面にフォレストボードという杉樹皮とパルプで出来た断熱材を入れた。

土壁は、それ自体に耐力壁の役割もある。伝統的構法では、筋交いを入れずに土壁で家を持たすのだ。よって鳥羽の家も筋交いは無い。

しかし最大の理由はそんなものでは無い。この地球、Earthである大地の土そのもので家が作られるという、その事自体がとても素晴らしく感じられるのだ。

何も複雑なものは無い。ただシンプルに大地に生えている竹を切り、それを編み、そこに大地そのものを塗りつける、土壁の家は、Earthそのものである。そして、当然解体され、廃棄される時は、自然のものだから、特に処理は要らない。また大地に還ってゆくだけだ。

地球環境の事を考えると、どんな建材よりも環境負荷の少ない優れたものなのだ。

木神楽 もっかぐら 高橋一浩

青山高原の麓に工房を構え、三重の木と自然素材、また伝統的な木組みによる家作りを行っています。